将来に不安になりがちなフリーエンジニア

フリーエンジニアとして活躍していくために独立を選んだ人にとって不安になるのは目の前で働ける仕事があるかということよりも、将来的に働いていけるかという点でしょう。独立したときは適切なキャリアと経験とがあって現場で働くためのスキルが身についており、しっかりと働いていくための体力や若さがあるということから仕事を手に入れてこなしていくことにそれほど大きな不安と感じない傾向があります。しかし、30代、40代となっていくにつれて段々と仕事の依頼が獲得しづらくなるということが知られているため、将来的な不安を感じざるを得ません。

しかし、若いうちから独立してフリーエンジニアとして様々な仕事を担って活躍してきた人には晩年でも活躍できる道があります。その代表的なキャリアパスがインフラエンジニアとしての道です。その時代のインフラを担っている情報システムやそれに用いられている情報機器について熟知しているエンジニアはインフラを支える人材として重宝されることから、幅広い現場で経験を積んできているフリーエンジニアは重宝される傾向があるのです。
また、管理の仕事で経験を積んできたエンジニアは開発や設計においてその経験を生かせる人材として期待されることから、生涯にわたって開発に携わっていきたいという人にとっても魅力的なキャリアパスとなります。そういったキャリアパスを考えておくことによって将来不安も払拭できるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です